いつか自分の身にも...

7月、神奈川・横浜市で、38歳の母親が、息子2人と電動自転車で転倒し、抱っこひもで抱いていた次男(当時1歳4カ月)が死亡した事故で、警察は、母親を過失致死の疑いで書類送検した。



9月15日にテレビで流れていた書類送検のニュース


この事故あまりにも悲しすぎる
いつか我が身とも思える事故



子供が二人になって、みー(長女4才)、たー坊(9ヶ月)


移動が大変


うちは幸い保育園がめちゃくちゃ近い子供の足でも2分くらい
だから雨の日の保育園帰りはそんなに苦ではない


ただ、休みの日に歩いて子供二人つれてスーパーに行って帰ってくるだけで一苦労




まだ怖くて、たー坊を自転車の前椅子に座らせたことはないのだけど
年齢的にもう少しで、たー坊も自転車デビューさせないと




自転車に乗れないと、休日の行動範囲が半径700メートルくらいしか移動できない
みーの足だとそれくらいが限界
700メートルじゃ駅前まで出れないし
買い物にだって限られた所しか行けない




旦那は休日出勤の多い人だからあてにならない




緊急の用だったら、たー坊を抱っこしてみーを後ろに乗せて自転車で行っちゃうかもな。。。



どちらか一人が具合悪くて小児科に行くにしても、お留守番させられないから結局は二人連れていかなきゃ行けない



こんなこと言うと必ず「タクシー使えよ」とか、しまいには「子供作る方が悪い」なんて
言われる世の中

pp_ameninuretajitensya_TP_V



時間に追われる毎日

仕事から帰って保育園に迎えに行って寝かしつけまで
目の回る忙しさ
急がないと寝る時間遅くなって、次の日の朝起きるのも遅くなって、朝食も適当になる


どんどんどんどん悪循環




こんなんで良いのかな
って毎日毎日自問自答


でも、答えなんか出なくて
気づけばまた時間に追われる日々


それでも母は頑張るんです
世のお母さんたちは頑張ってるんです


近所の高齢者に会うたびに「こんな小さいうちから保育園なんかに入れてかわいそうに」って言われる
でも、そんな言葉はスルー機能が付いた
のです



近所のババアお年寄りなんかの時代錯誤の言葉なんか気にしない!!



子供を乗せての自転車

気づけば近所のババアお年寄りへの愚痴になってる。。。




とにかく子供を乗せて走るときは気を付けなければ
暴走自転車や、道から飛び出してくる子供なんか怖くて気を抜けない




今回の事故
胸が締め付けられる事故でした